ベトナムの窓

チェ・ゲバラ高校での日本留学説明会

 学年末を迎えるベトナムでは、9月からの進路を決める時期だ。
今年は、例年になく高校での説明会が多く、毎日早朝出発し市内近郊の高校で日本留学についての紹介や説明を繰り返している。
 時には、請われてメコンデルタの都市(カントー市やカマウ市)にまで足を運ぶ。どんな田舎の子にもきらりと光る子が必ずいるのが不思議だ。
 じっと見つめられると離れるのがつらくなる時もあるほどだ。

 その内の一校に「チェ・ゲバラ高校」があった。
チェ・ゲバラと言えば、社会主義国や第三国では、今もカリスマ的人気がある。
無精ひげに気さくな笑顔。燃え滾る情熱。そして、30代での非業の死。
チェ・ゲバラの言葉を一つご紹介したい。
『 人間は、ダイヤモンド だ。ダイヤモンドを磨くことができるのはダイヤモンドしかない。
 
人間を磨くにも、人間とコミュニケーションをとるしかないんだよ 』
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です