ベトナムの窓

忘年会

早いもので、もう旧正月の年の瀬。新正月とのダブル正月感覚はいつまで続くのだろうか。それとも、ベトナムだから、ある時突然「今年から新正月をお正月とする」と決めるのだろうか。

 教員達が、大掃除のあと、焼き肉屋に集まり、盛大に会を催したようだ。
テト明けには、リフレッシュして元気にまた頑張ってもらいたいものだ。
 そして、いつも思うのだが、(ベトナム人が多く住む自治体では)日本でもそろそろテト祭りをしてあげることができればと思う。今年のお正月は、16日だ。15日が大晦日になる。
 ベトナムでは、大晦日に空き地でドラム缶をつかって、バインチュンを作る光景がある。
薪が燃える火とその匂いがなんとも言えず、(寒い季節には特に)お正月の雰囲気を醸し出す。
  そういう光景は、子供の頃、大晦日に家族で、お餅を作ったなと言うことを思い出させる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です